リリースノート

ビルド: 2019090501

2019年 9月 17日作成

 株式会社ベストコミュニケーションズは、IBM Notes データベースをモバイル化する「smaconne」(スマコネ、Smart Device Connector for IBM Notes)の機能を追加/改善したアップデート版(ビルド番号: 2019090501)を 2019 年 9 月 17 日より提供開始しました。
 アップデート内容は、以下の通りです。詳しくは、「smaconne 利用マニュアル」をご覧ください。
 なお、今回のバージョンでは Notes アプリ設定文書のアップデートが必要です。詳しくは「2019年第2・第3四半期リリース概要および Notes アプリ設定文書の移行.pdf」をご覧ください。

Notes アプリ設定文書からビュー情報とフォーム情報(デフォルト)、アクション情報(ビュー用とフォーム用)を切り出しました。
これにより、以下を改善できました。
  • ビュー情報とアクション情報(ビュー用とフォーム用)の上限値が無制限
  • ビュー情報とアクション情報(ビュー用とフォーム用)の並び順を変更可能
  • ビュー情報とアクション情報(ビュー用とフォーム用)で個別に利用する/しないを設定可能
  • Notes アプリ設定文書を大幅に軽量化
カレンダービューページにて[日付]ボタンをクリックして表示される1ヶ月カレンダーにて、予定がある日付の下にマーキング表示するようにしました。
  • [《 戻る]ボタンの表示を「<」のみに変更して、タイトルの表示幅を増やしました。
  • Notes アプリの「アプリケーションについて」や「アプリケーションの使い方」を表示した際に、埋め込み画像が表示されない不具合に対応しました。
  • 「アプリケーション設定」を「アプリ設定」に変更するなど用語を見直しました。
  • Microsoft Edge でビューページをスクロールした際に、罫線が消えてしまう不具合に対応しました。
  • 一部の文書リンクが特定の Web ブラウザで開けない不具合に対応しました。
  • CKEditor を 4.11.4 から 4.12.1 へバージョンアップしました。

 以上、ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。
 今後とも smaconne をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

© 2019 株式会社ベストコミュニケーションズ