B-Com
ページイメージ02
トップページ > B-Com News バックナンバー(No. 1 〜 50) > [B-Com News 43] IBM Connections をスマートデバイスから利用する ほか

B-Com News バックナンバー(No. 1 〜 50)

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く

[B-Com News 43] IBM Connections をスマートデバイスから利用する ほか

2012年 4月 16日作成


 以下は 2012 年 3 月 16 日に発行しましたメールマガジン「B-Com News」No.43 です。
 一部メールマガジン読者専用の内容を削除していますので、予めご了承ください。
 メールマガジン「B-Com News」購読希望の方は、「お問合せ受付」フォームにて「メルマガ希望」と記載してお申し込みください。全ての内容を含むバックナンバーを希望される方はお申し込みの際にその旨記載いただければ、別途メールさしあげます。



************************************************************************
この電子メールは、弊社のお客様、セミナー参加者および資料請求、名刺交換い
ただいた方などにお送りしています。今後ご案内メールが不要の場合は、このメ
ールに不要とご記入の上ご返信ください。
本メールは、「e顧客」のメール一括送信機能で発信しています。
************************************************************************
------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■□         B-Com News - No. 43 -         □■
                        2012 年 3 月 16 日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------------

 最近は「電池の切れ目が縁の切れ目」なんて言われるように、電池の持ちが気
になることが多いです。
 電子機器に使われるリチウムイオン二次電池、これは「フロンティア電子」が
基本機能として働く初めての商品である、と最近知りました。
 フロンティア電子論は、電子の動きをコンピュータで計算することにより物質
物性や化学反応性を予測しようとする福井謙一氏の理論です。吉野彰氏は電池の
開発(容量アップ、安定性向上、電解液との相性)に際し分子軌道計算の結果を
活用しているそうです。
 電池とノーベル賞(量子化学)にこんな接点があったんですね。

 さて、今号は、IBM Connections をスマートデバイスから利用するにあたって
見落としやすい手順をご紹介します。ご興味のある方は、今後のご参考に是非ご
一読ください。


▼━━[目次]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

[1] IBM Connections をスマートデバイスから利用する
  *** 見落としやすい手順を確認

[2] [Security] いくつかのソフトウェアに脆弱性が報告
  *** Flash Player、iOS、iTunes、Safari

[3] Lotus Notes/Domino 関連ニュース・ピックアップ

▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] IBM Connections をスマートデバイスから利用する
  *** 見落としやすい手順を確認
------------------------------------------------------------------------
 3 月 6 日(火) に開催しました「iPad で業務アプリを体験!ハンズオンセミ
ナー」にご参加いただきました皆様ありがとうございました。
 弊社セッション「iPad による Notes アプリケーション活用の実際」でご体験
いただいたモバイル顧客管理システム「e顧客」と「IBM Connections」の連携ア
プリケーションのハンズオンは、iPad を使った XPages と IBM Connections 連
携のデモということで、当日聞いたところでは「日本初」だったそうです。
 今後も機会がありましたら、ご紹介したいと思いますので、あいにく今回のハ
ンズオンセミナーにご出席いただけなかった方もその際には是非ご参加ください。

 そのハンズオンセミナーのセッション 4 では、引き続き IBM Connections を
iPad の専用アプリで体験いただきましたが、この環境を構築する際に最初うま
くいかなったので、今後 IBM Connections を利用されるかもしれない方々のご
参考のために、その体験をご紹介します。


■ システム環境
────────────────
 ハンズオンセミナーで使用しました IBM Connections のサーバー環境は、以
下の内容で弊社の VMware Server 上に構築しました。ミドルウェアの構成は、
以下のページで紹介されているものに準じています。

  ▼ IBM Connections 3.0.1 導入手順書 (Windows版)
    http://ibm.co/wam3uq

 一通り IBM Connections サーバーのセットアップを完了し、e顧客との連携を
含めて、PC の Web ブラウザでも、iPad の モバイル Safari でも、問題無く使
用できることを確認することができました。


■ トラブルの状況
────────────────
 確認作業を続け、iTunes App Store で配布されている iPhone/iPad 用 IBM
Connections アプリから IBM Connections サーバーへアクセスを試みました
が、どうしてもサーバーへ接続することができませんでした。

  ▼ IBM Connections(iTunes App Store)
   http://itunes.apple.com/jp/app/ibm-connections/id450533489?mt=8

 その時のメッセージは、以下の通りです。

   接続に失敗しました
   URL https://xxxx.bcom.co.jp/mobile は、有効な IBM Connections
   Mobile サーバーではありません。
   サーバーの URL が正しいことを確認するか、システム管理者に連絡して
   ください。

 上記の URL は一部伏せ字としていますが、正しいもので、IBM Connections
Mobile サービスもインストール済みです。ファイアウォールでは必要なポート
も開いていますので、皆目原因が分からず、公開ドキュメントを調べ直すことと
しました。


■ 解決策
────────────────
 公開ドキュメントについては、いろいろ調査しましたが、本筋と外れますの
で、解決方法以外に私達が読み間違ってしまったものを1つだけご紹介します。
 IBM Connections Wiki の以下のページに、iPhone に証明書をインストールす
るようにとの記述がありました。

  ▼ How do I enable the mobile version?
    http://bit.ly/x1foPv

 この IBM Connections サーバーはハンズオンセミナー用に構築したので、SSL
サーバー証明書は、第三者認証機関(CA)により発行されたものではなく、自己
発行の証明書を使っています。このため、自己発行の証明書を iPad にインス
トールしていないために、IBM Connections サーバーに接続できないのではない
かと考えました。
 結論としては、これは解決策ではありません。

 見るべきは、以下のページでした。

  ▼ Accessing IBM Connections from a Mobile Device: FAQs
    http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21508576

 この FAQ の 1 番目「Q: What level of server do I need?」の回答に記載の
パッチプログラム「LO64399」が必要だったというのが解決策です。
 FAQ にも記載されているようにパッチプログラムは IBM の Fix Central から
ダウンロードすることができます。ダウンロード後は、WebSphere の作法でパッ
チを適用します。その際は、ReadMe を一読されることをお勧めします。

 以上で、iPad の IBM Connections アプリからサーバーへ無事接続することが
できるようになりました。ハンズオンセミナーでご体験いただいた方はご存知の
通り、3G 回線でも全くストレス無く、専用アプリならではの快適な操作性です。
個人的には、これだったら、普段使っている Twitter や Facebook アプリと同
じ感覚で使えると思いました。

 IBM Connections をご体験になりたい方は、是非弊社までご依頼ください。

  ▼ 本件に関するお問い合わせ先
     TEL: 03-5355-5885
     FAX: 03-5355-5886
     mailto:sales@bcom.co.jp

 また、Lotus Greenhouse でも無料でご体験いただけますので、そちらをご利
用になるのも宜しいかと思います。

  ▼ Lotus Greenhouse
    https://greenhouse.lotus.com

 Lotus Greenhouse のホームページ等は英文ですが、IBM Connections の中に
入ってしまえば、日本語で利用できます。

 以上、皆様の参考になれば、幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] [Security] いくつかのソフトウェアに脆弱性が報告
  *** Flash Player、iOS、iTunes、Safari
------------------------------------------------------------------------
 多くの方がご利用になっていると思われるいくつかのソフトウェアでセキュリ
ティに関する脆弱性が報告されています。既に対処済みの方もいらっしゃるで
しょうが、これらについて整理してお伝えします。まだ対処されていない場合
は、対策済みソフトウェアへアップデートするなど強くお勧めします。


■ Adobe Flash Player
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   Flash Player の複数の脆弱性のため、リモートの攻撃者によってユー
   ザーのコンピュータ上で任意のコードが実行されたり、情報流出を引き起
   こしたりする恐れがあります。

 ● 対象となるバージョン等
   ・Windows、Macintosh、Linux、Solaris 版の Adobe Flash Player
    11.1.102.62 以前のバージョン
   ・Android 4.x 版の Adobe Flash Player 11.1.115.6 以前のバージョン
   ・Android 3.x/2.x 版の Adobe Flash Player 11.1.111.6 以前のバー
    ジョン

 ● 対策
   ・それぞれの最新版へアップデートしてください。

 ● 詳細情報
  ▼ APSB12-05: Adobe Flash Player に関するセキュリティアップデート公
   開
    http://kb2.adobe.com/jp/cps/932/cpsid_93265.html


■ Apple iOS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   iOS の多数の脆弱性のため、リモートから攻撃を受けたり、認証情報が漏
   洩したり、予期せずにアプリケーションを終了されたり、任意のコードを
   実行されたりする恐れがあります。

 ● 対象となるバージョン等
   ・iOS 5.1 よりも前のバージョン

 ● 対策
   ・iOS 5.1 へアップデートしてください。

 ● 詳細情報
  ▼ About the security content of iOS 5.1 Software Update(英文)
    http://support.apple.com/kb/HT5192


■ Apple iTunes
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   iTunes の多数の脆弱性のため、リモートから攻撃を受けたり、認証情報
   が漏洩したり、予期せずにアプリケーションを終了されたり、任意のコー
   ドを実行されたりする恐れがあります。

 ● 対象となるバージョン等
   ・iTunes 10.6 よりも前のバージョン

 ● 対策
   ・iTunes 10.6 へアップデートしてください。

 ● 詳細情報
  ▼ About the security content of iTunes 10.6(英文)
    http://support.apple.com/kb/HT5191


■ Apple Safari
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   Safari の多数の脆弱性のため、リモートから攻撃を受けたり、認証情報
   が漏洩したり、予期せずにアプリケーションを終了されたり、任意のコー
   ドを実行されたりする恐れがあります。

 ● 対象となるバージョン等
   ・Safari 5.1.4 よりも前のバージョン

 ● 対策
   ・Safari 5.1.4 へアップデートしてください。

 ● 詳細情報
  ▼ About the security content of Safari 5.1.4(英文)
    http://support.apple.com/kb/HT5190


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] Lotus Notes/Domino 関連ニュース・ピックアップ
------------------------------------------------------------------------
 日本 IBM から Lotus Notes/Domino に関します情報が多数公開されていま
す。この中からいくつかご紹介します。詳細につきましては、「IBM Lotus サ
ポート/技術情報」をご覧ください。


■ Lotus Domino 関連
────────────────────────
▼ DAOS (Domino Attachment and Object Service) に関する FAQ
 http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21463446


■ Lotus Notes 関連
────────────────────────
▼ (参考) Lotus Notes/Domino における音声スペルの使用について
 http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21586939


■ Lotus Notes Traveler 関連
────────────────────────
▼ (参考) 異なる複数の Lotus Notes Traveler アカウントを一つのデバイスに
 設定できるか
 http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21585288

▼ Lotus Notes Traveler:Apple デバイスとフォローアップフラグについて
 http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21585966


■ Sametime 関連
────────────────────────
▼ (参考) IBM Sametime の Java アプレットの証明書が 2012年3月19日で期限
 切れになる
 http://www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21584309


──


  ▼ IBM Support Portal
    http://ibm.co/tcT4Kp



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
========================================================================
☆最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。☆

今後とも皆様に有意義な情報をご提供するために、本メールマガジンに
関しまして、忌憚ないご意見・ご要望などお寄せください。

弊社製品に関するご質問やご要望もお待ちしています。

いずれも Web サイトまたはメールのいずれからも受け付けていますので、
お気軽にお送りください。

 ▼ お問合せ受付(Web サイト)
   http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_accept.nsf/Accept
 ▼ メール
   mailto:sales@bcom.co.jp

■ 配信中止、配信先変更をご希望の方
  本メールへの返信にて承ります。
  配信先変更の場合は、変更先のメールアドレスをお忘れ無く記載ください。

■ 本メールは弊社が定める「プライバシーポリシー」及び個人情報の利
 用目的に沿って送信しております。
   http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_contents.nsf/s/policy

<最新ニュースは、製品のウェブサイトと RSS でどうぞ>
ウェブサイト
 ▼ EZSite
   http://www.ezsite.ne.jp/
 ▼ e顧客
   http://www.bcom.co.jp/epc/
 ▼ 甲野太郎法律事務所
   http://www.bcom.co.jp/kthj/

RSS フィード
 ▼ EZSite
   http://www.ezsite.ne.jp/v4/ez3_contents.nsf/index.xml
 ▼ e顧客
   http://www.bcom.co.jp/epc/ez3_contents.nsf/index.xml
 ▼ 甲野太郎法律事務所
   http://www.bcom.co.jp/kthj/ez3_contents.nsf/index.xml
========================================================================
B-Com News
発信元:株式会社ベストコミュニケーションズ
    http://www.bcom.co.jp/
    RSS フィード
       http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_contents.nsf/index.xml
担当:木村 典昭
お問い合わせ先:
  mailto:sales@bcom.co.jp
  Tel: 03-5355-5885
  Fax: 03-5355-5886
========================================================================
Copyright (C) 2012 BestCommunications, Inc. All Rights Reserved.

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く






© 2017 株式会社ベストコミュニケーションズ

Hyper Networking & Future Navigation

<B-Com の製品・サービス>

smaconne
smaconne は、現在お使いの IBM Notes データベースを、iPhone や Android 携帯などのスマートデバイスで、手軽に利用するためのソフトウェアです。

e顧客
e顧客は、あなたの大切な人脈を資産として「守る」「活用する」ためのツールです。
使い方次第で、その価値は無限大に・・・

EZSite 4
EZSite 4(イージーサイト)は、一歩進んだセキュアな Web サイトを安く手軽に構築・運用するための Web コンテンツ管理システム(CMS)です。

この Web サイトは、EZSite 4 で運営しています。

<パートナー・ソリューション>

onTime Group Calendar
LIVENESS PORTAL
総二郎
spacer