B-Com
ページイメージ02
トップページ > B-Com News バックナンバー(No. 1 〜 50) > [B-Com News 24] Lotus Foundations バージョンアップ、資金決済法 ほか

B-Com News バックナンバー(No. 1 〜 50)

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く

[B-Com News 24] Lotus Foundations バージョンアップ、資金決済法 ほか

2010年 8月 16日作成


 以下は 2010 年 7 月 16 日に発行しましたメールマガジン「B-Com News」No.24 です。
 一部メールマガジン読者専用の内容を削除していますので、予めご了承ください。
 メールマガジン「B-Com News」購読希望の方は、「お問合せ受付」フォームにて「メルマガ希望」と記載してお申し込みください。全ての内容を含むバックナンバーを希望される方はお申し込みの際にその旨記載いただければ、別途メールさしあげます。



************************************************************************
この電子メールは、弊社のお客様、セミナー参加者および資料請求、名刺交換い
ただいた方などにお送りしています。今後ご案内メールが不要の場合は、このメ
ールに不要とご記入の上ご返信ください。
本メールは、「e顧客」のメール一括送信機能で発信しています。
************************************************************************
------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■□         B-Com News - No. 24 -         □■
                        2010 年 7 月 16 日号 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------

 7 月 9 日開催の「iPad/iPhone と Lotus Software で築く、安全で快適なビ
ジネス・コラボレーション」セミナーには、あいにくの天気にも関わらず多数ご
来場いただき誠にありがとうございました。iPad/iPhone と Lotus Software 関
連セミナーは、また別の機会に開催する予定でおりますので、引き続きご期待く
ださい。

 さて、今号は、Lotus Foundations のバージョンアップから得たノウハウとあ
まり耳慣れない「資金決済法」による変化について等をお届けします。ご興味の
ある方は、今後のご参考に是非ご一読ください。


▼====[目次]==========================================================▼

[1] Lotus Foundations バージョンアップの注意点と対処方法

[2] 「資金決済法」で世の中が変わる
  *** 私たちの仕事や生活への影響は?

[3] iPhone 構成ユーティリティ バージョン 3.0 がリリース

[4] [Security] いくつかのソフトウェアに脆弱性が報告
  *** Windows Help and Support Center、iTunes 9、Adobe Reader、Acrobat

[5] Lotus Notes/Domino 関連ニュース・ピックアップ

▲====================================================================▲

========================================================================
[1] Lotus Foundations バージョンアップの注意点と対処方法
------------------------------------------------------------------------
 7 月 9 日のセミナーに先立って、弊社の Lotus Foundations をバージョン
アップしました。目的は、Lotus Foundations のバージョンによる違いをセミ
ナーの内容にも反映するためです。この時、事前調査が足らずにトラブルがあり
ましたので、その内容と回避策についてご紹介します。
 なお、本稿でご紹介します内容は IBM 社による正式なアナウンスではありま
せんので、参考程度にご覧いただき、自己責任にて実施してください。


弊社環境について
----------------
 バージョンアップ前のバージョンは 1.1.2 #11 で、これを最新の 1.2.1 #9
にしようとしました。


トラブルについて
----------------
 Lotus Foundations の WebConfig にログインして、Foundatoins OS、Lotus
Foundations Start の順でバージョンアップしていったところ、Lotus Domino
8.5.1 Language Pack for Japanese をインストールするために必要な Lotus
Domino 8.5.0 Language Pack for Japanese のアンインストールができませんで
した。

 このトラブルについて調査したところ、以下のページにて正しい手順が紹介さ
れていることが分かりました。

  ▼ IBM developerWorks: Wikis - Lotus Foundations Japan Wiki - *重要*
   Foundationsを1.1から1.2へバージョンアップする前の確認事項
    http://www.ibm.com/developerworks/wikis/pages/viewpage.action?pageId=131662116

 このページによって正しい手順は分かりましたが、既に 1.2 をインストール
してしまっていたので、これを元に戻さなければなりません。このために実施し
た手順を以下にご紹介します。


対処方法
----------------
1. 「ソフトウェア更新」ページの「インストールされている Foundations の
  バージョン」で「バージョン 1.1.2 #11」を[有効にする]で、再起動。

2. 「ステータス」ページの「サービスステータス」の「ソフトウェアアップ
  デート」で、「バージョン 1.1.2 #11 をテストしています。 このバージョ
  ンで確定しますか?」に「はい」をクリック。

3. Lotus Foundations が 1.1 で起動したことを確認して、「ソフトウェア更
  新」ページで「Lotus Domino 8.5.0 Language Pack for Japanese」をアン
  インストール。

4. 続けて、「Lotus Foundations Start」をアンインストール。

5. 「ソフトウェア更新」ページの「インストールされている Foundations の
  バージョン」で「バージョン 1.2.1 #9」を[有効にする]で、再起動。

6. 「ステータス」ページの「ソフトウェアアップデート」で、「バージョン
  1.2.1 #9 をテストしています。 このバージョンで確定しますか?」に「は
  い」をクリック。

7. 「ソフトウェア更新」ページのアドオンタブで、「すべての使用可能なパッ
  ケージ」または「新規パッケージおよびアップグレード可能なパッケージ」
  をクリックし「Lotus Foundations Start 1.2」をインストール。

8. 続けて、「すべての使用可能なパッケージ」または「新規パッケージおよび
  アップグレード可能なパッケージ」をクリックし「Lotus Domino 8.5.1
  Language Pack for Japanese」をインストール。

9. 最新の状態を反映するために、再起動。


 動作確認のためにインストールいていた EZSite や e顧客などにアクセスした
ところ、これらの Notes データベースはバージョンアップ前の状態のまま正常
に動作していることを確認できました。
 また、登録ユーザーの Lotus iNotes も正常に機能していました。


  本件に関するお問い合わせ先
     TEL: 03-5355-5885
     FAX: 03-5355-5886
     mailto:support@bcom.co.jp


========================================================================
[2] 「資金決済法」で世の中が変わる
  *** 私たちの仕事や生活への影響は?
------------------------------------------------------------------------
 今年 4 月に資金決済法が施行されました。これまで銀行にのみ認められてき
た送金業務が、一般の事業者でも取り扱えることになりました。
 本稿では、リテール決済を中心とした社会生活への影響について考えてみます。


新法の背景
------------------------
 第一に、個人間や企業間の決済に関して、通信技術の革新等により、収納代行
サービス、電子マネー、ポイント・サービス等、新しいサービスが普及・発達し
てきたことがあげられます。

 第二に、これまで、為替取引は銀行の独占業務とされてきたため、送金のため
の料金が下がらず送金時間帯にも制限があったことも背景にあります。


新法の内容
------------------------
 銀行以外の者でも登録すれば為替取引が可能になりました。ただし、利息を付
けたり、貸付を行うことはできません。

 1 回の取引額については内閣府令で 100 万円を限度と定められました。ま
た、利用者に対して負う債務の額以上の額を各営業日毎に計算し供託すること
や、事業者の最低資本金額について定められています。


予想されるリテールの変化
------------------------
 第一に、事業者は資金移動用の「口座」をコンビニやネットワーク上に開設す
ることができるため、マイレージやポイントで支払うことも可能になります。そ
のため決済コストが劇的に下がることになり、1 円単位、1 ポイント単位といっ
た額での支払が実現すると思われます。

 有益なソフトや情報に対して少額のドネーション(寄付)受付が可能になるで
しょう。

 第二に、銀行を経由する必要がなくなることから、利用シーンが大きく拡がる
ことになります。PayPal が米国で開始したように iPhone 同士をタッチした
り、スマートフォンを振るだけで支払ができるようになるかもしれません。

 宅配業者が現金を受領し、遠隔地の受取人に現金を運ぶというサービスも可能
になると思います。


資金移動業者に望まれる事
------------------------
 これまで、銀行は一定件数未満の口座振替の開始を拒否するなど、利用者の決
済ニーズに応えてきたとは言えません。

 一方、ヤマト運輸は、5 月 11 日から通信販売の商品代金の支払いに国内主要
の電子マネーを利用できるようにして、事業者側への入金期間を短縮しました。
こういう利用者の決済ニーズに即応しようという動きが、今後資金移動業者に期
待されるでしょう。

 資金移動事業者は基本的な決済ニーズとは何かと考え、これまで培ってきた信
用力を活用して欲しいと思います。


========================================================================
[3] iPhone 構成ユーティリティ バージョン 3.0 がリリース
------------------------------------------------------------------------
 Apple 社が iPhone 構成ユーティリティのバージョン 3.0 をリリースしまし
たので、お知らせします。
 7 月 9 日のセミナーでもご紹介しましたように、iPhone 構成ユーティリティ
を使うことで、iPhone や iPad をエンタープライズ環境にセキュアに配備する
ために必要な構成プロファイルを作成、保守、暗号化、およびインストールする
ことができます。また、iPhone 構成ユーティリティでは、プロビジョニングプ
ロファイルや承認済みアプリケーションを追跡およびインストールしたり、コン
ソールログなどのデバイス情報を記録したりする作業を簡単に行うことができま
す。

 iPhone 構成ユーティリティの詳細や使用方法等につきましては、以下のペー
ジの「エンタープライズ配備ガイド」(PDF)をご覧ください。

  ▼ Apple - サポート - iPhone - エンタープライズ
    http://www.apple.com/jp/support/iphone/enterprise/

 iPhone 構成ユーティリティ 3.0 は、以下のページからダウンロードすること
ができます。

  ▼ iPhone Configuration Utility 3.0 for Mac OS X
    http://support.apple.com/kb/DL851

  ▼ iPhone Configuration Utility 3.0 for Windows
    http://support.apple.com/kb/DL926


========================================================================
[4] [Security] いくつかのソフトウェアに脆弱性が報告
  *** Windows Help and Support Center、iTunes 9、Adobe Reader、Acrobat
------------------------------------------------------------------------
 多くの方がご利用になっていると思われるいくつかのソフトウェアでセキュリ
ティに関する脆弱性が報告されています。既に対処済みの方もいらっしゃるで
しょうが、これらについて整理してお伝えします。まだ対処されていない場合
は、対策済みソフトウェアへアップデートするなど強くお勧めします。


■ Windows Help and Support Center(HSC)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   HSC で HCP プロトコルを使ってリンクを開く際に、URL の検証が適切に
   行われないことに起因する脆弱性のため、細工を施したWebページをユー
   ザーが参照すると、攻撃者にリモートでコードを実行される恐れがありま
   す。
   この脆弱性を利用した攻撃が確認されています。

 ● 対象となるバージョン等
   ・Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3
   ・Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
   ・Windows Server 2003 Service Pack 2
   ・Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
   ・Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems

 ● 対策
   Microsoft Update もしくは Windows Update を実施。

 ● 詳細情報
  ▼ マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (2219475): Windows のヘ
   ルプとサポート センターの脆弱性により、リモートでコードが実行され
   る
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/2219475.mspx


■ Apple iTunes 9 for Windows
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   iTunes の複数の脆弱性のため、第三者から任意のコードを実行される恐
   れがあります。

 ● 対象となるバージョン等
   ・iTunes 9 for Windows のバージョン 9.2 より以前のバージョン

 ● 対策
   iTunes 9.2 へのアップデート

 ● 詳細情報
  ▼ iTunes 9.2 のセキュリティコンテンツについて
    http://support.apple.com/kb/HT4220?viewlocale=ja_JP

  ▼ iTunes 9.2
    http://support.apple.com/kb/DL1056?viewlocale=ja_JP


■ Adobe Reader、Acrobat
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ● 概要
   Adobe Reader、Acrobat の複数の脆弱性のため、第三者から問題を悪用さ
   れた場合、Reader や Acrobat を不正終了され、任意のコードを実行され
   る恐れがあります。

 ● 対象となる製品・バージョン
   ・Adobe Reader 9.3.2 及びそれ以前
   ・Adobe Acrobat 9.3.2 及びそれ以前

 ● 対策
   最新バージョンへのアップデート
      Reader と Acrobat のメニューの[ヘルプ]→[アップデートの有
      無をチェック]で製品の更新が可能です。

 ● 詳細情報
  ▼ Adobe Reader 及び Acrobat の脆弱性に関する注意喚起
    http://www.jpcert.or.jp/at/2010/at100017.txt


========================================================================
[5] Lotus Notes/Domino 関連ニュース・ピックアップ
------------------------------------------------------------------------
 日本 IBM から Lotus Notes/Domino に関します情報が多数公開されていま
す。この中からいくつかご紹介します。詳細につきましては、「IBM Lotus サ
ポート/技術情報 - Japan」をご覧ください。


■ リリース関連
------------------------------------------------
▼ IBM - 734123- Lotus Domino 7.0.4 Fix Pack 2 (FP2) について
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/734123


■ Lotus Domino Web Access(iNotes)関連
------------------------------------------------
▼ IBM - 733977- (参考)Lotus iNotes へのセキュリティ強化によって追加構
 成が必要になることがある
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/733977


■ Lotus Notes 関連
------------------------------------------------
▼ IBM - 733985- (参考)Symantec クライアントウィルススキャンにより、大
 きい添付ファイルが含まれる文書を開くときに遅延が発生する
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/733985

▼ IBM - 734085- メールデータベースに追加した Google カレンダーエントリ
 が他のユーザーから参照できない
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/734085

▼ IBM - 734088- Notes データベースに添付ファイルを貼り付けるとアイコン
 画像が歪んでしまう
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/734088


■ Sametime 関連
------------------------------------------------
▼ IBM - 733986- (参考)Lotus Domino 8.5.x で実行されている Lotus
 Sametime 管理ページの UI が予期せぬ動作をする
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/733986

▼ IBM - 734119- Lotus Sametime:コンタクトリスト情報の移行方法
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/734119

▼ IBM - 734128: (参考)Classic ミーティングサーバー:「Java が、セキュ
 リティー問題の発生が考えられるアプリケーションコンポーネントを発見しま
 した」への対応方法
 http://www.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf/all/734128


──


  ▼ IBM Lotus サポート/技術情報 - Japan
    http://www.ibm.com/jp/software/lotus/techsupport/index.html



========================================================================
========================================================================
☆最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。☆

今後とも皆様に有意義な情報をご提供するために、本メールマガジンに
関しまして、忌憚ないご意見・ご要望などお寄せください。

弊社製品に関するご質問やご要望もお待ちしています。

いずれも Web サイトまたはメールのいずれからも受け付けていますので、
お気軽にお送りください。

 ▼ お問合せ受付(Web サイト)
   http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_accept.nsf/Accept
 ▼ メール
   mailto:sales@bcom.co.jp

■ 配信中止、配信先変更をご希望の方
  本メールへの返信にて承ります。
  配信先変更の場合は、変更先のメールアドレスをお忘れ無く記載ください。

■ 本メールは弊社が定める「プライバシーポリシー」及び個人情報の利
 用目的に沿って送信しております。
   http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_contents.nsf/s/policy

<最新ニュースは、製品のウェブサイトと RSS でどうぞ>
ウェブサイト
 ▼ EZSite
   http://www.ezsite.ne.jp/
 ▼ e顧客
   http://www.bcom.co.jp/epc/
 ▼ 甲野太郎法律事務所
   http://www.bcom.co.jp/kthj/

RSS フィード
 ▼ EZSite
   http://www.ezsite.ne.jp/v4/ez3_contents.nsf/index.xml
 ▼ e顧客
   http://www.bcom.co.jp/epc/ez3_contents.nsf/index.xml
 ▼ 甲野太郎法律事務所
   http://www.bcom.co.jp/kthj/ez3_contents.nsf/index.xml
========================================================================
B-Com News
発信元:株式会社ベストコミュニケーションズ
    http://www.bcom.co.jp/
    RSS フィード
       http://www.bcom.co.jp/corp/ez3_contents.nsf/index.xml
担当:木村 典昭
お問い合わせ先:
  mailto:sales@bcom.co.jp
  Tel: 03-5355-5885
  Fax: 03-5355-5886
========================================================================
Copyright (C) 2010 BestCommunications, Inc. All Rights Reserved.

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く






© 2017 株式会社ベストコミュニケーションズ

Hyper Networking & Future Navigation

<B-Com の製品・サービス>

smaconne
smaconne は、現在お使いの IBM Notes データベースを、iPhone や Android 携帯などのスマートデバイスで、手軽に利用するためのソフトウェアです。

e顧客
e顧客は、あなたの大切な人脈を資産として「守る」「活用する」ためのツールです。
使い方次第で、その価値は無限大に・・・

EZSite 4
EZSite 4(イージーサイト)は、一歩進んだセキュアな Web サイトを安く手軽に構築・運用するための Web コンテンツ管理システム(CMS)です。

この Web サイトは、EZSite 4 で運営しています。

<パートナー・ソリューション>

onTime Group Calendar
LIVENESS PORTAL
総二郎
spacer