B-Com
ページイメージ02
トップページ > Lotus Notes/Domino > ドミノサーバーで HTTP サービスを提供する際のセキュリティポイント

Lotus Notes/Domino

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く

ドミノサーバーで HTTP サービスを提供する際のセキュリティポイント

2007年 12月 12日作成

Domino HTTP Security  「ドミノサーバーで HTTP サービスを提供する際のセキュリティポイント」は 2000 年に IBM が発行したホワイトペーパーで、Lotus Domino サーバーで HTTP サービスを行う際のセキュリティ確保、および推奨する設定が記載されているものです。Lotus Domino R5 が 1999 年春に出荷され、本格的な Web サーバーとして認知されるようになった当時、Lotus Domino の HTTP セキュリティ設定のガイドラインとして発行されたものです。

 第一版 2000 年 2 月、第二版 2000 年 8 月、第三版 2001 年 1 月と版を重ねたものの、以降は改定されておりません。内容は専門的でドミノ技術者でしか判らなかったためか、一般的にはあまり注目されず、残念なことに現在は IBM の Web サイトからも姿を消してしまっています。Lotus Domino R5 に準拠して作成されたため改定が必要な箇所もありますが、高度なシステム・コンサルテーションを含み、現在もこのホワイトペーパーの重要性は変わっておりません。

 企業の Web サイトの中でも、Lotus Domino をデフォルト設定のままで公開 Web サーバとして利用しているサイトも散見されます。その場合、匿名の利用者によって重要な情報を参照されたり、操作されたりする恐れがあります。Lotus Domino を Web サーバとしてご利用の方には、セキュリティ設定を見直してセキュリティ・リスクを極小化することをお勧めします。

 以下では、「ドミノサーバーで HTTP サービスを提供する際のセキュリティポイント」の中から、忘れがちな設定を紹介します。セキュリティ設定の一助としてください。

 以下の技術情報は、「ドミノサーバーで HTTP サービスを提供する際のセキュリティポイント」を元にして記載されています。省略されている内容も多いですが、元のホワイトペーパーが入手できない現在では、この情報で我慢するしかありません。ダウンロードして、2つめのセクションの「Lotus Domino を Web サーバーとして利用する際のセキュリティー考慮点」をご参照ください。

印刷用ページを開く 前のページを開く 次のページを開く






© 2017 株式会社ベストコミュニケーションズ

Hyper Networking & Future Navigation

<B-Com の製品・サービス>

smaconne
smaconne は、現在お使いの IBM Notes データベースを、iPhone や Android 携帯などのスマートデバイスで、手軽に利用するためのソフトウェアです。

e顧客
e顧客は、あなたの大切な人脈を資産として「守る」「活用する」ためのツールです。
使い方次第で、その価値は無限大に・・・

EZSite 4
EZSite 4(イージーサイト)は、一歩進んだセキュアな Web サイトを安く手軽に構築・運用するための Web コンテンツ管理システム(CMS)です。

この Web サイトは、EZSite 4 で運営しています。

<パートナー・ソリューション>

onTime Group Calendar
LIVENESS PORTAL
総二郎
spacer